卒業生のメッセージ
  • 卒業生
    野洲市立野洲北中学校出身
    進学先:

     

    大谷大学文学部歴史学
    山田 叡奈   さん (2018年度卒業)

     思い返せば、すごく充実して、あっという間の三年間でした。最初の頃は緊張してなかなかうまく話すことができませんでしたが、これも今思うといい思い出になりました。

     学習面では、野洲高校の特徴である先生との距離が近いおかげで、テストでも安定した点をとることができました。わからないことをわかりやすく教えてもらったりときにはたわいのない会話をたくさんしたりしました。

     進学のための小論文がわからなかったときも、先生に一つ一つわかりやすく解説してもらいました。また、 面接に関しても一から改善点を確認し、アドバイスをもらいました。どちらも本番では先生方のおかげでうまくいき、無事に合格することができました。

     この三年間本当にたくさんのことを野洲高校で学びました。たくさんの支えの中、中学のときよりも勉強する時間も増え、毎日感謝の中生きています。本当にありがとうございました。

  • 卒業生
    彦根市立稲枝中学校出身
    進学先:滋賀職業能力開発短期大学校住居環境科

     

    福川 琉星 さん(2018年度卒業)

     僕は野洲高校に入学したとき、これからうまくやっていけるか、友だちができるかなどたくさんの不安がありました。しかし、野球部に入り、たくさんの仲間や友だちができていき、日ごとに不安よりも楽しさの方が大きくなっていきました。

     野球部の練習は厳しく、実際ついていけないときもあり、部活に行きたくない日もありました。それでも部活に行くと、友だちといろんな話ができてすごく楽しいので、それが部活をがんばるきっかけになっていました。

     二年半続けてきた練習の成果を最後の大会に出しきろうと思いましたが、一回戦で負けてしまいました。負けたときは、すごく悔しかったし、この仲間でもう野球ができないことが悲しかったです。

     野球部で、仲間の大切さや、あきらめない気持ちなどたくさんのことを学べたので、とてもいい二年半だと思います。最後の試合の悔しさを活かして、進学先でもがんばっていきたいと思います。

  • 卒業生
    野洲市立野洲中学校出身
    就職先:(株)新栄電器製作所
    橋井 沙那 さん(2018年度卒業)

     私の高校三年間を振り返ると、いろいろなことがありました。

     入学して、友だちができるかと心配したけれど、クラスの人たちが笑顔で話しかけてくれたので、これからの高校生活は大丈夫だと思いました。文化祭や体育祭の時は、先輩方の姿を見て、「私たちもこんなことができるのだな」と思い、すごく印象に残っています。

     修学旅行で沖縄の宮古島に行ったことも印象的です。民泊の人たちは優しくて私たちの行きたい所も連れて行ってくれたのですごく楽しかったです。文化祭や体育祭、修学旅行を通して、クラスのみんなと協力し、活動することができ、距離が縮まったので良かったです。

     私は野洲高校を卒業後、京都の会社で働きます。これからは社会に出るので、大変なことやくじけそうになることもたくさんあると思いますが、そんな時は野洲高校で見てきた笑顔を思い出して頑張りたいと思います。

  • 卒業生
    近江八幡市立八幡東中学校出身
    就職先:(株)ロッテ
    山本 未来 さん(2018年度卒業)

     振り返ると、僕にとっての野洲高校はたくさんのことを学べた素晴らしい場所です。

     「今日の最高を明日の最低に」という考えを自分自身で持ち、周りの人たちにもそれをわかってもらうこと、ともにがんばろうということを行動に移せるように努力してきました。思い通りにいかないこともありましたがそれは失敗の練習だと思い、切り替えました。自分を見て「あのひとも頑張っているから自分もやろう」と思ってもらえたらうれしいし、それにより自分も周りも、 全員がレベルアップできるのが一番の喜びです。

     みなさんが何か悩んでいるときや迷っているときに 「どうしたらいい」と思ったら、それを「こうしたい」に変換してみましょう。そうすれば、最高のパフォーマンスができます。この野洲高校には勉強が得意じゃない人もいますが、考える能力はみんなたくさん持っています。どこかで、この学校を通して経験したこと、学べたことが活かせたらそれは一生の財産になります。